伊豆の桜スポット総合案内
トップページおすすめライトアップランキングすべての一覧
伊豆の桜スポット ランキング

伊豆の桜ランキング

雑誌やインターネットでの集計結果や、当サイト独自の基準を以ておすすめする伊豆の「桜ランキング」です。

本数や規模などの実測データや単純な人気ランキング結果はもちろんのこと、例年の観光客動員数・口コミ・希少度なども考慮し、独自採点によって作成されている伊豆の桜スポットのランキングです。

桜スポット 総合ランキング

1位「河津町の河津桜」

全国各地からこの早咲きの河津桜を見ようと多くの観光客が集まってくるほどの人気の桜スポットです。

伊豆の桜祭りの規模としても最大級のイベントです。

その動員数は例年100~200万人とも言われ、約1ヶ月にわたって出店なども出店され、河津町全体で桜祭りを盛り上げています。

(本数約800本・周辺約8000本・例年2月中旬頃)

河津桜 「詳細&写真」

2位「伊豆高原の桜並木」

伊豆の代表的な桜スポットとして知られ、東海地方の桜ランキングでも上位に選ばれることの多い桜スポットです。

桜並木の規模や状況はもちろん、伊豆高原が伊豆を代表する人気の観光地であることもランキング上位の理由のひとつです。

王道でもあるソメイヨシノの桜並木が頭上を覆う桜のトンネル・桜のアーチのようになっていて、とても見応えがあります。

(本数約600本・周辺約3000本・例年3月下旬頃)

伊豆高原の桜 「詳細&写真」

3位「みなみの桜と菜の花」

桜の品種が河津桜のため時期は河津町の河津桜と同じ頃になりますが、広大な菜の花畑も見応えがあり、注目度の高い桜スポットです。

伊豆の先端寄りで遠い場所にあるため、同じように川沿いに咲く河津町の河津桜に比べ、比較的に混雑が少ないこともおすすめポイントです。

桜のピンクと菜の花の黄色が鮮やかで、一足早い春を楽しむ旅行におすすめです。

(本数約800本・例年2月中旬頃)

みなみの桜と菜の花 「詳細&写真」

穴場的な桜ランキング

1位「旧船原小学校跡」

3本の枝垂れ桜が寄り添って1本桜に見える旧船原小の桜です。

本数こそ3本だけですがその姿は雄大で勢いがあり、多くの人の心をひきつけます。

伊豆半島全体の中でもトップクラスの迫力と見応えがある枝垂れ桜と言っても過言ではありません。

(本数3本・例年3月下旬頃)

旧船原小の桜 「詳細&写真」

2位「東伊豆クロカンの桜」

本数はそれほどではありませんが、約400mの広い芝生に110本の桜並木が広がる穴場的な桜スポットです。

自然に囲まれた芝生と、付近には海や港を一望できるコースなども整備されています。

桜スポットとしてはあまり知られていないため、平日は比較的に訪れる人も少なく、のんびりとしたお花見日和を楽しむことができます。

(本数約110本・例年3月下旬頃)

東伊豆クロカンの桜 「詳細&写真」

3位「本郷公園の桜」

本数や規模はそれほどではありませんが、地元の人以外にはあまり知られていない穴場的な桜スポットです。

桜のある川沿いには遊歩道もあり、川にせり出す大きな枝が頭上に桜のアーチを作り、春色の伊豆旅行を演出してくれます。

首都圏からも少し遠いため、平日は比較的に混雑なく桜を楽しむことができます。

(本数約270本・例年3月下旬頃)

本郷公園の桜 「詳細&写真」

珍しい桜ランキング

1位「最福寺の八重枝垂れ」

日本全国で4例目と言われる非常に珍しい八重のしだれ桜です。

オリジナルの新種として認定され、お寺の名前からその名も「伊豆最福寺しだれ」と名づけられました。

10枚程の花弁からなるピンポン玉サイズの白い花が、枝垂れた枝先に20個ほど密集して咲いている珍しい桜となっています。

(本数約40本・例年4月上旬頃)

最福寺の桜 「詳細&写真」

2位「ヒマラヤ桜」

四季のある日本では育ちにくいと言われているヒマラヤザクラです。例年11月~12月頃に咲くという点でも珍しい桜です。

ネパールの皇太子から贈られ日本で初めて育ったヒマラヤザクラが熱海市にあります。

原木(親木)は樹高も高くて、枝垂れたような枝先にポコポコと塊になって綺麗な桜が咲いて
います。

(市内に数本・例年11月下旬頃)

熱海ヒマラヤ桜 「詳細&写真」

3位「土肥桜」

早咲きで有名な河津桜よりも1週間ほど早く咲く桜で、色は濃いピンク色が特徴的な桜です。

土肥桜の紅種は「伊豆土肥」として品種登録され、一見河津桜と似ていますが、河津桜よりも開花が少し早くて花弁の付け根の重なり方が異なっています。

伊豆の土肥以外ではほとんどみることができない珍しい桜でもあります。

(市内に数十本・例年1月下旬頃)

土肥桜 「詳細&写真」

番外編「さくらの里」

約40種類、計1500本の桜の木が植栽されている伊豆高原「さくらの里」です。

9月から5月まで次々と様々な種類の桜が開花します。

2月には寒桜・河津桜、3月には早咲き大島桜・城ヶ崎桜・大寒桜・伊東桜・エドヒガン桜、例年3月下旬から4月上旬頃にかけてはソメイヨシノ、その後も八重桜が咲きはじめます。

他の桜スポットと違い桜の種類がとても豊富で珍しい桜も楽しむことができます。

(本数約1500本・見頃は桜により異なる)

さくらの里 「詳細&写真」

掲載中の伊豆の桜スポット

伊豆の桜スポット&桜名所ガイドで掲載中のおすすめの桜スポットです。

伊豆半島で有名で人気の桜スポットから、おすすめの桜祭り、夜桜ライトアップなども併せて紹介しています。(カッコ内は付近の有名温泉地)

東伊豆の桜スポット&桜名所

熱海城伊豆高原河津桜さくらの里東伊豆クロカンヒマラヤ桜

南伊豆の桜スポット&桜名所

下田公園報本寺本郷公園みなみの桜

西伊豆の桜スポット&桜名所

黄金崎最福寺達磨の豆桜土肥桜那賀川の桜

中伊豆の桜スポット&桜名所

狩野川さくら旧船原小源氏山公園法泉寺龍源院

伊豆の桜スポットと温泉と観光

伊豆の温泉地と桜スポット

伊豆にある桜スポット・桜の名所と、有名な温泉地を紹介しています。

桜スポットから近い温泉地の紹介

その他の伊豆旅行案内

伊豆半島は「海」も「山」も楽しめる温泉地・観光地です。

1年を通して楽しめる温泉宿や露天風呂のほか、夏には海水浴、秋には紅葉と、伊豆半島は春夏秋冬を心ゆくまで楽しめる場所です。

海が見える宿・露天風呂海水浴場